« sakusakuその5 | トップページ | sakusakuその7 »

sakusakuその6

あぁ~、、、餃子焦がした、、、。

 

僕って一極集中なんですよ。

とりあえず「その10」くらいまではやりたいなぁ、、、でもそろそろどれを貼ろうか悩む。

初登場らしいです。

まだ木村カエラ以前にMCいたんですね。

象さんは毎年契約更新の時に出てくる。

あ、昨日は「水曜どうでしょう」が45分まであってsakusakuはその後でした。

しかも秦さんじゃなくてまだperfumeだったっていう。

なんかアルバムはYMO以来の快挙だとか。

すげぇな勢いって。

あ、で布袋さんとKREVAと亀田さんがユニット組んだとか。

大丈夫、ちゃんと話は繋がっていますから。

自己完結的に。

ちなみに誠治さんの方の亀田さんです。

 

今日もCC3です。

で新入生とかCチーフとか編集とか庶務とかWWとかに聴いてもらったんですが

あの状況は、、、緊張しました。

新入生の目の前でプルプル手が震えちゃった、、、。

1音1音の緊張感がハンパない。

つくづく難しい曲だなと、、、。

音は、きっと誉めてくれたんだと思うんですが「エロい」らしいです。

僕は乙女に恋する少年のような、爽やかな気持で弾いているんですが、、、。

あ、「亜麻色の髪の乙女」って曲だからです。

でも恋心も分類したらエロティシズムのうちな気もする。

ヒトの本能ですよね。

音色かぁ、、、難しいなぁ、、、。

僕のギターの性質上、きっと”乾いた”音は出せないような気がする。

それは力量不足なのかもしれないけど、”丸い”音でも”硬い”音でも、マイギの音はどこか”しっとり”している気がします。

”乾いた”と”硬い”音はまったく別物ですよね。

てか僕自身”乾いた”より”しっとりした”音の方が好きです。

そして結論。

「音色は合わない」

タイプは似せれてもね、、、。

最大限美しく弾くのがベストかと。

 

~今日の一言~

散髪行かねば、、、

|

« sakusakuその5 | トップページ | sakusakuその7 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。