« sakusakuその10 | トップページ | これからどうすれば、、、 »

さくらん

なんかもぅいいかぁ、、、。

ってことでsakusakuをずり下げる決心が付きました。

 

「さくらん」やってましたね♪

実家帰ったときなんか観ようってDVD借りに行ったらあったんですけど、家族で観るには、、、ねぇ、、、。

それでみんなで見たのが「ヴァイオハザード3」だったんですが。

映像監督ってついたましたっけ?

とっても綺麗な画面でした。

”赤”をメインにとっても鮮やかな世界、、、その中に日暮(土屋アンナ)の黒い着物が映えて。

観る前は絶対悲恋だと思っていたから終わり方にとっても清々しい気分になりました♪

ド・ハッピーエンドじゃなくて、でも、あぁ幸せだな、、、みたいな。

木村佳乃はめっちゃ悲恋でしたが、、、。

ラストの桜と菜の花の景色が綺麗。

椎名林檎が音楽監督ってわけで。

迷彩」に始まり、月夜物思いに耽る日暮を清次(安藤政信)が見つめる印象的なシーンではやっぱ「茎-STEM-」か。

かっこいいっす、、、。

 

遊郭って言ってしまえば風俗ですよね。

でもあまりにも現実離れというか時間的問題や無知から、こうやって作品で観るととても神秘的に感じてしまう。

 

~今日の一言~

実際はエグかったんだろうな、、、

|

« sakusakuその10 | トップページ | これからどうすれば、、、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。